スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【トラウマ曲】マツコの知らない世界

日常
05 /12 2017
 

「マツコの知らない世界」番組内やCMでよく流れている曲

ラン・ラ・ラン・ラ・ラリラリラリラリラ~~ン♪

キャッチーで可愛らしいレトロなこの曲。


リンダ・スコットさんの「I've Told Ev'ry Little Star」という曲なのですが

私はこの曲を聴くと
「辛い…しんどい…キツイ…」
となります。

なぜかというとこの曲

映画「マルホランド・ドライブ」という映画で流れていた曲なんですよね。
デヴィッド・リンチ監督作

映画版「ドグラ・マグラ」って感じの「難解な映画」としても有名な不思議なこちらの映画。


以下、映画ネタばれ注意

映画の簡単なあらすじ

女優志望のベティは事故で記憶喪失になったという女(仮名・リタ)と出会う。
ベティはリタを助けるために女優オーディションの傍ら、記憶を取り戻す手伝い。
最初は記憶を失ったショックで人間不信気味のリタだったが、ベティの親切な心と人柄に惹かれ
他に頼る人もいないリタはすっかりベティに依存していく。
リタが思い出した「ダイアンセルヴィン」という名前を頼りに家を訪ねると
部屋の中は荒れ果て、謎の腐乱死体が…


「I've Told Ev'ry Little Star」は途中ベティがオーディションで歌った曲なのですが
これが大絶賛されて映画スターへの道が見えてくるんです。



ここまで見ると何でこの曲がトラウマなの?と思われるでしょうが
ここから映画がガラッと変わります。


実は死体のダイアン=ベティなのです。

前半部分はダイアンが死ぬ前に見た、夢。

順調な女優への道、リタに頼られる自分…それらはすべてダイアンが死の直前
「こうだったらいいのに…」と妄想した世界だったのです。

現実のダイアン(ベティ)は女優の仕事もパッとせず、端役ばかり。
女優仲間のカミーラ(リタ)と恋人同士だったのですが、仕事のためにダイアンを捨てて映画監督と結婚。

絶望したダイアンはダイアンはカミーラを殺してしまいます。
部屋にこもり、現実逃避の妄想ばかりのダイアン。

結局最後はダイアンも自殺。


かなり端折りましたが、こんな感じの映画です。



歳を重ねると、理想通りに行かない事ばかりです出てきますよね。
「こうだったらいいのに…」と妄想しちゃうダイアンの気持ちが痛いほどよくわかる(´;ω;`)


なのでマツコのこの曲を聴くとホント心が痛くなります…。






英BBC放送が発表した「21世紀の偉大な映画100選」
1位にも選ばれた「マルホランド・ドライブ」

未視聴な方は是非見てみて下さい(^^)/

(追記)
このブログを書こうと改めてデヴィッド・リンチ監督について調べていたら
3日前のニュースで「デヴィッド・リンチ、映画監督を引退へ」というのが出ていました。

ビックリです!

しかし「映画」監督を引退はしても
テレビドラマ等ではまだまだ活動するとの事。

テレビドラマは長編も作れるし、今後の活動を楽しみにしています!





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ミミオン

   2011年生まれのペキニーズ
    「ゴマちゃん」のブログ。
  最近ミニオンズと楽天パンダに
     ハマっておりマス…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。